在籍確認なしのカードローンをお探しの方に朗報です!

 
借り入れ審査においてどこの金融会社でも在籍確認は必須となっておりますが、電話での在籍確認ではなく書類で在籍確認をパスすることが可能!
これにより職場への電話連絡による在籍確認なしでカードローンができるのです!
電話の代替となる書類は、会社員の方であれば社員証や保険証などでOK!

派遣やアルバイト、パート、自営業、フリーランス、パートなどの方であれば給与明細や収入証明書、あるいは勤務先がわかるような書類であればOK!

 

これらをFAXかウェブで送信するだけで書類での在籍確認審査を行うことができますので、周囲に一切内緒で借りれる為、精神的な負担がありません。

 

最近の会社では個人情報保護法などによる外部からの電話を取次ぎしない職場も存在します。また他にも様々な理由で電話による在籍確認が困難なケースが増えてるようです。それらの事が不安要素となって申込みがしづらいと感じる方も植えているのも事実です。その為、代替案での在籍を証明する方法が求められています。

まずは上記のWEBカードローン申し込みから必要事項を送信し、そのあとに携帯電話に本人確認の連絡があれば、事情があるので電話での在籍確認ではなく、別の方法で在籍証明をお願いしたいという旨を伝えるだけ。

およそこのような流れで電話による在籍確認なしのカードローンを進めることができます。

【カードローンの在籍確認】 内容

消費者金融のカードローンに申込むと必ず行われる在籍確認の審査の内容とは?

消費者金融での融資を望むなら充分な審査基準をクリアしないと実現しません。カードローンとしてお金を貸す側の消費者金融が最も重要視している審査が「在籍確認」です。まず、勤務先に在籍していることで収入があり、返済能力があるということで契約が決まります。

 

カードローンですから短期でも長期であっても毎月の返済を問題なく余裕でできるかどうかが重要です。その返済能力の有無を確かめる為の在籍確認の審査の内容は、主に勤務先への電話連絡になります。

 

ほとんどの消費者金融ではこの電話確認を行いますが、その内容は申し込みの本人を呼び出してもらう形を取ります。それだけです。電話対応で本人の在籍を確認できればそれで審査は完了です。例え不在であっても、本人が電話対応しても問題ありません。

【カードローン 在籍確認】無し

消費者金融の申込みの方法として在籍確認をなしにすることは可能なのか?

在籍確認の審査は必ず行われます。これは回避できません。申込み時に入力ある勤務先の情報に、嘘がないかを確かめる為に行われます。在籍しているかを証明するということが目的なんです。

 

ですが、その方法のひとつ、電話連絡を回避することは可能なんです。なぜなら、代替案が存在するからです。今現在会社に努めていることが証明できればよいわけです。その方法として、健康保険証や社員証などの証明書類を提出することでカードローンの「在籍確認の電話連絡なし」が可能になるということです。

【カードローンの在籍確認】落ちる

在籍確認は安定の収入があるかどうかを確かめる審査です。

無職の方、専業主婦の方、もしくは離職して間もない方は消費者金融を利用することができません。消費者金融を利用できる条件というのが安定している収入があるということですから、在籍確認の審査で落とされてしまいます。

 

消費者金融カードローンに申込むなら働くようになってからが良いでしょう。転職を考えているなら、辞める前に申込むことをオススメします。例えまだお金に余裕が有っても、離職後では申込むことは難しいからです。

【カードローン 在籍確認】不在

在籍確認の電話確認では申込み本人が不在の場合どうなるのでしょうか?

カードローン在籍確認の審査として、主に行われるのが勤務先への確認の電話になりますが、申込み本人が不在の場合はどうなるのでしょうか?消費者金融側としてはもちろん不在ということを想定して審査を行っています。

 

「○○さんはいらっしゃいますか?」消費者金融側がかけてくる電話の内容はわずかこれだけです。電話対応の職場の方の返答によって在籍しているかを確認します。ですので、「○○は只今外出しております」や「申し訳ありません、只今接客中です」もしくは「本日はお休みを頂戴しております」など、どれでも在籍していることがわかる対応なので、これで在籍確認の審査が完了、ということになります。

【カードローン 在籍確認】時間指定

在籍確認の電話連絡は時間指定を行うことが可能です

申込み本人が電話対応されても問題ありません。その場合、いつも窓口になれるとは限らないという方も多いと思います。時間帯によっては電話対応が出来るという方は、時間のリクエストが可能です。本人が電話対応されても全く問題なので、誰かに電話対応される事を考えると安心ではないでしょうか。

時間指定だけでなく、電話をかけてくる担当者のリクエストもお願いすれば可能な場合もあります。性別や名前など。同僚に怪しまれないように会社の事情を伝えて相談してみては如何でしょうか?

【カードローン 在籍確認】言い訳

在籍確認の電話連絡が会社にバレない為には?

職場にかかってくる在籍確認の電話連絡を敬遠希望な方は多いです。会社に消費者金融の利用を知られたくないという方は、電話連絡なしを望むところですが、証明書類が揃わない可能性を考えると、電話確認を選ぶしかありません。消費者金融を名乗らず担当者の個人名でかかってくるとしても、やはり不安です。

 

あらかじめ言い訳をしておくという方法も有りです。電話対応する可能性のある方、もしくは上司や同僚の方などに、「クレジットカード会社から確認の連絡がある」ということを伝えておくのはどうでしょうか。社会人ともなるとクレジットカードの1枚や2枚は普通に持っています。怪しい電話だとは思われないでしょう。

【カードローン 在籍確認】派遣

派遣社員の方でもカードローンの在籍確認電話を回避することは出来るのでしょうか?

正社員という正規雇用者と違って派遣の方は非正規雇用者ということで、在籍確認の審査の内容は違います。大きな違いは勤務先を証明する書類にあります。勤務先名の入っている健康保険証を持っているのであれば、在籍確認の審査はとてもスムーズに行われます。ですが派遣社員の方の場合は多くが国民健康保険証なので、ちょっとだけ審査の内容が違います。

 

確認の電話がかかってくる場合は、登録している派遣会社にかかってきます。決して派遣先にかかってくることはありません。例え、通勤して電話窓口として対応できるとしても、かかってくることはありません。普段あまり顔を出すことのない派遣会社にかかってきます。やはりクレジットカード会社からの電話ということをあらかじめ伝えておくのをオススメします。

 

大企業に派遣されているから審査に良い影響を与えるのでは?と考えて派遣先を勤務先として申込んでしまうと、結果は悪いことしかありません。最悪、派遣先をクビになるかもしれません。在籍確認の電話連絡は派遣先にかかってくるわけですが、大企業のほとんどの場合は人事に電話がまわります。そうなるとデータベースで社員の名前と部署を確認しますが、当然派遣の名前は入っていないので、審査に落ちることになります。そして派遣先にもすぐにバレますので解雇となります。もっと最悪な場合、派遣会社をクビになるだけでなく派遣会社がその企業から切られてしまうことも・・・。そうならないように、申し込む場合はしっかりと「派遣会社」を勤務先にしましょう。

 

派遣社員の方なら、派遣会社にお願いすれば健康保険を変更することも可能なんです。会社によって条件は異なるようですが、カードローンの申込みでとてもスムーズに審査を進めることができるようになりますので、健康保険証の変更をオススメします。

 

カードローン 在籍確認

 

カードローンのよくある質問

 
消費者金融のカードローンをはじめて利用されるという方はわからないことばかりで不安になると思いますので、こちらではよく問い合わせのある質問や疑問にお答えします。
勤務先への在籍を調べる連絡をなしを希望すると審査が厳しくなることはないですか?

そんなことはありません。カードローンの審査の基準は決まっていますので、何か注文をして審査に落ちやすくなるということはありません。さらには在籍確認の連絡を回避を希望しているお客様がいるのは想定しているので、お願いしても心象が悪くなるような問題はありません。職場への直接の連絡をなしに希望される場合、在籍の有無を電話以外の方法が可能かどうかも、それ以外の審査基準をクリアしなければ受け付けてくれない話なので、何とも言えませんが、あとは個人の審査の内容によるところになります。在籍確認の電話連絡が心配な方は、消費者金融の担当者に相談することが最善だと言えます。

勤務先にかかってくる在籍確認の連絡に本人が出ても大丈夫ですか?

問題ありません。カードローン審査の在籍確認の電話連絡は申込み本人の勤務先情報を確かめる為にかけるものなので、電話対応が本人でも職場の他の方でも、申込者が在籍していることが証明できれば問題ありません。本人が電話対応される場合、もしくは途中から本人に変わられる場合でも、フルネームと生年月日などの簡単な質問に答えてもらうことでカードローンの審査は完了です。本人以外の場合は、不在を伝えられる事でも在籍していることを確かめることができるわけですから、それで在籍確認の審査は完了です。

カードローンの審査に収入証明書は必要ですか?

借入希望額が50万円を超える場合は収入証明書類の提出が必要になります。少額の借入れの場合は証明書は必要ないということです。すでに他社の金融機関からの借入れがある場合では、その金額と借入希望額の合計が100万円を超える場合も同様に収入証明書類の提出が必要です。すでに利用されている方でも収入証明書類の提出が必要な場合もあります。

収入証明書が必要な場合、何を用意すればよいでしょうか?

収入証明書を提出しなければならない場合は、以下のものから1点のみを用意すれば大丈夫です。
【源泉徴収票】
【確定申告書】
【税額通知書】
【所得(課税)証明書】
【給与明細書】
それぞれ最新のものでなければなりません。
「源泉徴収票」と「給与明細」は本人の名前と勤務先の表記が必要です。
それ以外は本人の名前と年収の表記が必ず必要です。

新規の申し込みでカードローンはいくらまで借りれますか?

審査の状況によって借り入れ可能額は変わってきます。例えば年収の多い方。総量規制により年収の3分の1までが借り入れ可能額になっているので、高額融資を希望されるとどうしても年収の額は影響します。また勤続年数が長い方なら借り入れ可能額も多いでしょうし、金利も低く設定してもらえるかもしれません。そもそも高額融資の場合は収入証明書の提示が必要になってきますが、そちらでも年収が表記されますし、そうなると総量規制内での借り入れ額も決まってきます。それ以外の場合ではまずは様子見からの金額設定になるでしょう。カードローンを最初からいきなり高額融資は条件付きということでそれなりに難しいと言えます。

消費者金融のカードローンは総量規制対象外になる?

いいえ、消費者金融やクレジットカードのカードローンはすべて総量規制の対象になります。

 

ですが、銀行のカードローンは総量規制対象外のカードローンになります。銀行で扱っているローン関係はすべて総量規制の対象外になります。

 

消費者金融とは審査の基準が違うので、消費者金融でカードローン審査に通った方でも銀行カードローン審査には通らないという場合もありますし、総量規制対象外だからといって安易に銀行カードローンができるかどうかは微妙な場合もあるので要注意です。それぞれに特徴があるので自分に合ったカードローンを選択するのが良いのではないでしょうか。

 

カードローンの増額は即日融資もできる?

 
プロミスやアコムなどだけでなくどのカードローンでも増額申請をすると審査があります。

審査内容は、基本的に当初申込の際と同様で、収入などから返済可能額を逆算して融資限度額を決めます。とはいえ、カードローンは最初から審査プログラムのはじき出した全額を融資限度額とするわけではなく、少なめの融資限度額としています。信用ができたら徐々に上げていこうと言うわけです。この場合の信用というのは決して難しいものではありません。借りた額を予定通り遅れること無く返済する事です。一日でも返済が遅れてしまうと増額の話はしばらく無いでしょう。

 

増額申請が成立する理由はこのようなものですが、カードローンの審査自体がスピーディーなので特に時間がかかるわけではありません。特にすでにローンカードなどを発行しているわけですから、審査さえ通ればすぐに増枠部分の融資を受けることが可能です。このように、カードローンの増額申請は審査さえ通れば即日融資は余裕で可能です。しかし、ここで障害になるのが職場への在籍確認です。

 

ほとんどの方はカードローンの増額申請で再度職場への在籍確認があることは考えにくいのですが、信用情報の照会で転職をしている事実がわかったり、アルバイトや派遣の仕事で収入が不安定だと判断されたりすると職場への在籍確認がされる場合があります。しかし、職場への在籍確認はちょっと避けたいという場合もあるでしょう。この際は、健康保険証などの提示をすることで回避をすることが可能です。

 

そうなると電話などで増額の申請をするよりは、ちょっと手間がかかるものの「むじんくん」などの店舗で手続をすることが一番堅い方法です。特に増額申請をする際は、在籍確認だけではなく、収入証明書の提示を求められることもあります。むじんくんにはスキャナーが置いてあるので、提示書類の要求があってもすぐに対応できます。スムーズな審査を終えたら、併設されているカードローンのATMを使って手数料無料で追加のキャッシングが可能です。

 

カードローンご利用者の口コミの紹介

 

はじめての申込みです。消費者金融のカードローンというのは今までイメージはあまり良くないものなので関わらずという感じで。しかし出費が重なって仕方がなくという感じで利用することに。まぁ、それまで、月々のローンとか生活費とかギリギリではやっていけないですね。もう少し余裕を持って生活していかないと。イメージと違って電話対応がとても丁寧で親切なのが良くて安心しました。
(町田市・29歳・男性)

 

消費者金融に申込む際に心配材料なのが銀行で組んでるローンのこと。申込み時に分割返済が複数あると審査に影響するのではとの心配は余計だったか。リーマンなんてどの家庭にも2つくらいはローンあるからそれくらいは大丈夫なんかな。在籍を確認する為の会社にかかってくる電話がちょっとヤバくて、上司にバレそうだった。
(横浜市・31歳・男性)

 

アルバイト4年目。収入は月ごとに若干違うからカードローンの審査に通らないかと思ったけど、ダメ元で申込んだ。カードローンの借入可能額というのを教えてもらえるんだけど、想像よりも多くて安心。アルバイトとはいえ勤続年数が長いのが好印象のよう。バイトの職場に電話がかかってきてたけど、いつも電話対応してる店長にはあらかじめ、伝えていたから大丈夫で結果良し。
(相模原市・27歳・男性)

 

消費者金融のカードローンでお金を借りることはうちの奥さんには基本、内緒が希望なので、それを可能にしてくれる消費者金融を検索。大手の消費者金融は意外と大丈夫なんですね。自宅に確認の電話連絡が来ないとか、郵便物が届かないとか。これ、ものすごい助かる。消費者金融じゃなくて他のとこもそういうサービスないかな。
(熊谷市・33歳・男性)

 

出来れば低金利のところでお金を借り入れを希望。銀行カードローン辺りでどこかないかなと。しかしどうも審査が厳しそうなのと審査に時間がかかりそうなのばかりなので消費者金融のカードローンに変更。ですが30日間無利息のサービスがあるのはとても良いですね。これを上手に利用すればそんなに金利が高いということにはならないだろうし、少額の借入れならそんなに金利のこと気にしないでも良いことに後で気がついた。銀行カードローンの低金利って数百万円借りるなら金利に差がでるという話だからちょっとのお借入なら問題なしです。
(江東区・29歳・男性)

 

はじめてカードローンを利用します。驚きなのは申込んでからその日のうちにお金を借りることができること。朝の出勤前にスマートフォンをいじってそのまま申し込んだんですが、その後昼休憩時にかけなおしてもらい、その電話で審査は完了。帰り道にいつも立ち寄っているコンビニATMでお金を引き出すことができて終了。とにかくこんな流れが、朝の勢いのままカードローンで借りれるのが凄い。そういえばカード発行とか待たなくても口座から引き出しできるんだね。自分の場合、職場に在籍確認の電話がかかってくるのは問題なかったのでそれは午前中には終わって安心。それもスムーズな流れの一因かなと思ってる。
(川崎市・31歳・男性)

 

カードローンなんてどこも一緒だろうと思って、最初はテキトーに選択。でもやはり大手はサービスが違うんだね。申し込みの仕方からしてスマホでここまで充実しているのは凄い。心配だった勤務先の在籍審査は、ちゃんと個人名で連絡してくれて大丈夫そうでなにより。在籍を調べる方法って他にあるだろうになんで直接職場に連絡してくるんだろうね。収入証明書とかに表記してあるのに。午前中に申し込んだから仕事終わりにはコンビニで引き出し。これ、カードなしでも利用できるんだ。後で自宅にカードが送られてくるけど、いらないじゃん。
(千葉市・27歳・男性)

 

カードローンに関する当ページではこちらのサイトを参考にしています。
金融庁財務省日本銀行